タグ:#婚活

4ヶ月で離婚…。現実的に可能なのか、不可能なのか、全く検討もつきませんでした。離婚してくれるはず、などと自信があったわけでもありませんでした。あとはもう、まさとに託すしかありませんでした。そして、『離婚するまで会わない』とも告げました。本当に自分と離れたく ...

『4ヶ月待つ』4ヶ月という猶予が常識的なのが、それとも非常識なのか、それすらわかりませんでした。単なる感覚的なものでした。まさとには、既に大きな嘘をつかれている。もはや信用できる相手ではないかもしれない。でも、期限を決めて、最後にもう一度だけまさとを信じて ...

この時はさな自身、現実が見えていませんでした。わかっていないし、よく知りませんでした。結婚というもの、離婚というものを。どちらもきっと、実際にしてみないとわからないものなのだと思います。この頃は結婚🟰好きな人と一生一緒にいられる、お互いがお互いを独占でき ...

嘘つかれて、振り回されて、傷つけられ て...。 酷い男だとわかりました。 わかったのに。 それでも、一緒に過ごした時間があまりにも幸せ過ぎて、まさとへの想いは変わらなかったのです...。そしてついにその一言を言ってしまいました。 ...

結局「結婚しててもいい」とカマをかけたつもりが、全部見透かされていました。 結婚しててもいいわけないと。 『正直に言ったら離れていくと思った』 あまりにも正直に答えられ、ブチ切れるしか できませんでした....。 ...

↑このページのトップヘ