2023年10月

まさととの結婚をどんなに強く望んでも、どんなに強く願っても、今の状況を変えたくても(まさとと結婚したくても)、自分からは何もできない。動けない。努力ができない。この時期はすごく歯痒く、無力感にさいなまれました。4ヶ月待つと言ったのは自分なので、とりあえずそ ...

いざ、「待つ」と言ったものの…まさとへの疑念ばかりが湧き上がり、とても前向きに信じるという感じではありませんでした。でも、そこにまだ残る強い恋心が、それまでのまさとの甘い言動が、淡い期待となっていつまでも残り、私を混乱させていました。詳細を聞くのが怖い。 ...

『私にはもう、まさとしかいない』この時は本気でそう思っていました。そんな事ないかもしれない。もっと他にいい人がいるかもしれない。でも、本当に今後、まさと以上に好きになれる相手はもう現れないかもしれない…。これは…何とも言えないです。ただ一つ、自分を傷つけ ...

4ヶ月で離婚…。現実的に可能なのか、不可能なのか、全く検討もつきませんでした。離婚してくれるはず、などと自信があったわけでもありませんでした。あとはもう、まさとに託すしかありませんでした。そして、『離婚するまで会わない』とも告げました。本当に自分と離れたく ...

『4ヶ月待つ』4ヶ月という猶予が常識的なのが、それとも非常識なのか、それすらわかりませんでした。単なる感覚的なものでした。まさとには、既に大きな嘘をつかれている。もはや信用できる相手ではないかもしれない。でも、期限を決めて、最後にもう一度だけまさとを信じて ...

↑このページのトップヘ