可愛さ余って憎さ100倍とはこの事か...。 勝手に期待していたまさととの未来が、見事に打ち砕かれた瞬間でした。 奥様の心情を考える心の余裕など全くなく、申し訳なかったです...。 ...

一日は引き返したのですが...。 やっぱり女性が出てきた時点で、受けた衝撃は計り知れないもので...。 とても冷静ではいられませんでした。 結局、またピンポン押すんかーいと言ったところです...。 この時は、後先の事も、自分の立場とかも何もかもどうでも良くなってしまい ...

※前回(88話)はわかりにくい表現ですみませんでした💦 まさとの苗字は『川瀬』なのですが、まさかの奥さんらしき人が出てきてテンパった結果、咄嗟に誤魔化そうと敢えて全然違う名前(岡田)を尋ねて、部屋を間違えたフリをしようとしたんです。 まだまだ表現力が乏しく、 ...

まさとが結婚してるんじゃないか。 怪しい、怪しい、怪しい... 泣くほど不安だったのに、それでも心の半分以上は、まさとは独身だと、誰も出てくるワケないと思っていたんですね、きっと。 その証拠に、もしも奥さんが出てきた場合その時どんな言動をしたらいいのかとか、こ ...

普通に出てきました...。 これが現実ですよね。 ...

運命の分かれ道...。 押してしまいました、インターフォン...。 ...

元々、訪問する事などは考えていなかったです。 家の周りを見たら、既婚者か否かわかる何かがあるかと勝手に思っていたので....。 でもなかった。 本当に結婚してないのなら、何もやましい事はないはず...ですよね…? ...

ここまで来た原動力は全てまさとへの想い。 その想いが強くなり過ぎて、だんだんと冷静な判断ができなくなってきました…。 ...

今時は防犯の面でも、家族表札を出しているご家庭の方が少数派かもしれませんが、一縷の望みも打ち砕かれました…。 社宅に行ったものの名前は出てない、私物もない、まるで私の心を表すかの様な閑散として無機質な感じでした。 結局既婚者かどうかの手がかりは何も得られず ...

まぁ、マンションや社宅の共有の廊下には、あまり私物は置かないものなんですかね…。 見事に何も置いてなかったです。 それにしてもウロウロキョロキョロ、完全に不審者な自分...。 社宅の住人に出合わないかビクビクしてました💦 ...

いざ郵便ポストを見たら、ちょっと冷静になってしまいました...。 あれ?私って結構ヤバい事してる...? 勝手に家まで来るとか、普通にめっちゃ怖いよな...。 今更ながら気づいてしまいました…。 でも、なぜ今ここにいるのか、何の為にこんな事をしているのか、それば自分が ...

とうとう社宅に着きました。 執念ですね…。 さて、ここから手掛かりになるものは見つけられるのか.. ?! ...

住所がわかった翌日の仕事帰りには、まさとの家の最寄り駅への電車に飛び乗ってました。 まさとが会社を出る時間はわかっていたので、それよりも かなり早い時間に家に行ける...!と。 なんとかまさとにはバレずに確認したかったので…。 向かう電車の中では『本当の事がやっ ...

まさとの住所もほぼ確実だとわかり、一刻も早く家を突き止めたい衝動にかられてました。 翌日の会社の退社時間まで、いつも以上に長く感じました ね…。 家に行ったからと言って、確実に何かがわかると決まった ワケではないけど、この時は『とにかくまさとの家に行く』と言 ...

とうとう、まさとの住所をゲットしました! これでようやく、とりあえずはこのモヤモヤした生殺し状態を何とかできると思い、すごく嬉しかったのを覚えてます。 探偵さんからの連絡も予想外に早く、調査費用も思っていたより全然安かったのでビックリしました。 (1日1万円っ ...

前回「調査期間は2週間ほどかかる」と言われていたのが、なんと4日で連絡がありました。 仕事が早いっっっ! しかしながら、たった4日でも結果を待ちながら過ごす日常生活は、なんとももどかしく歯痒い時間でしたね…。 そして調査費用は果たして...! ...

、とうとう探偵に依頼完了しました! 結果は2週間ほどかかると言われて、「え!長っ!」と思ってしまいましたが…。 探偵さんは一体どのようにして住所を調べるんでしょうか ね? さて、まさとの住所は無事突き止められるのだろうか? そして調査費用はいくらかかるのだろう ...

↑このページのトップヘ