4ヶ月で離婚…。現実的に可能なのか、不可能なのか、全く検討もつきませんでした。離婚してくれるはず、などと自信があったわけでもありませんでした。あとはもう、まさとに託すしかありませんでした。そして、『離婚するまで会わない』とも告げました。本当に自分と離れたく ...

『4ヶ月待つ』4ヶ月という猶予が常識的なのが、それとも非常識なのか、それすらわかりませんでした。単なる感覚的なものでした。まさとには、既に大きな嘘をつかれている。もはや信用できる相手ではないかもしれない。でも、期限を決めて、最後にもう一度だけまさとを信じて ...

この時はさな自身、現実が見えていませんでした。わかっていないし、よく知りませんでした。結婚というもの、離婚というものを。どちらもきっと、実際にしてみないとわからないものなのだと思います。この頃は結婚🟰好きな人と一生一緒にいられる、お互いがお互いを独占でき ...

嘘つかれて、振り回されて、傷つけられ て...。 酷い男だとわかりました。 わかったのに。 それでも、一緒に過ごした時間があまりにも幸せ過ぎて、まさとへの想いは変わらなかったのです...。そしてついにその一言を言ってしまいました。 ...

結局「結婚しててもいい」とカマをかけたつもりが、全部見透かされていました。 結婚しててもいいわけないと。 『正直に言ったら離れていくと思った』 あまりにも正直に答えられ、ブチ切れるしか できませんでした....。 ...

さながまさとに初めて「結婚してるんじゃないか?」と聞いた時に、どうしても本当の事が知りたかったさなは 『結婚しててもいい』 『結婚してても自分はまさとから離れていかない』 とカマをかけました。 普通なら結婚していると白状すれば、さなは去っていく、もしくは修羅場 ...

気持ちが揺れています。 裏切られて憎いけど、それ以上にまだ好きな気持ちがあ る。 離婚して自分の方に来てくれるのなら...。 でも夫婦を壊してしまったとしたら、それは自分のせい? でも元々奥さんに会うつもりなんてなかった。 そもそもまさとが嘘をつかなければ、家に行 ...

ここにきて、まさとから初めて出た言葉『離婚』。 「責任とって」の答えにはなっていないものの、この言葉でまたしてもさなの心はざわつきます...。 ...

謝罪はいらない、言い訳もいらない。 結局さなが一番言いたかった事は...。 『どうしてくれるの?』って事ですね…。 ...

毎週末、奥さんだけ実家に帰る....。 嘘だろうとも言い切れず、そう言うならそうなんだろう と、受け止めるしかなかったです。 比較的自由に会えていたのは事実だし...。 結婚しているのに声をかけてきた理由、土日に会えていた 理由、それらがなんとなくわかったところで、 ...

『何で浮気するの?』 『奥さんの事好きじゃないの?』 我ながら愚問ですね....。 口では何とでも言えるし、何を言われても信用できない し、じゃあなぜ聞くって話ですよね。 でも聞かずにはいられない...。 そして質問にはっきり答えないのも、まさとらしいと言うか、何と言う ...

子どもはいないとの事だったので、ひとまずそこに関してはよかったです...。 (証明されたわけではないですが...) 今さら誠実な回答を期待していたワケではないのですが、それにしても...。 こういう時の模範解答ってどんなんでしょうね。 どんな言い分ならこちらも納得できる ...

会って話ができるなら...。 とにかく、聞きたい事を全部聞こうと思いました。 何はなくとも、まずは子どもの有無です...。 ...

『今から行く』 そう言われて、不覚にも嬉しかったです...。 絶対ブチ切れられる、憎まれる、恨まれる...そう思ってました。 自分もそれだけの事をした自覚はあったし、でもそれだけの事をさせるくらい事をしたのはまさと。 でもそれでもやっぱり怒るだろう。 自分も今日で全 ...

予想外の言葉でした。こういうところが、とてもずるいのです…。 ...

意外とまさとにキレられる事はなく、素直に謝られました。 しかしながら謝られたところで、さなの怒りは収まりませ ん...。 ...

怒り、憎しみ、悲しみ...。 思いの丈を遠慮なくぶつけました。 ...

着信はまさとからでした。 奥さんからの連絡を受けて、激高したまさとが電話してきたのだろうとすぐに思いました。 お互い、未だかつてないくらい激しく言い合い、今日を持って喧嘩別れのようにして終わるのだろうと考えてました。 ...

↑このページのトップヘ